読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ああ〜またしても・・・

喉の調子がおかしい、イガイガしてきた。
鼻水もポタポタだ。
つい1か月前に同じ症状になったばかりだ。
原因は、わからぬ。


akiko


暴飲暴食なし、夜遊びなど昔の話し。
不摂生など縁のない、健全な暮らしだ。
ストレスもなし。(と、自分では思っている)
お金はないけれど、昼寝つきのゆったりした時間がある。


ああ〜なにゆえじゃ〜
わからぬ。


東の御仁が40度の熱を出して唸っていたそうな。
平熱が低いらしく、その高熱ならさぞしんどかっただろうと推察する。
ボチボチ、回復してきたようで良かった。


いつもの「へらず」クチも戻ってきて
スカイプでわたしから移されたと、のたまっている由。
御仁さん、そっくりその言葉をおかえししますヨ〜、ふふふ。


まったく、バカは風邪をひかない?
アホは風邪をひく?
ああ、証明できたと喜んでいる場合じゃない。


「油断大敵、オセン泣かすな、・・・」わが身も振り返る。
心当たりがあるとすれば、早朝の散歩の薄着のせいか。
なるほど周囲を見渡せば、みな上着を重ねている。


しばし鼻水と格闘しなければならぬ。
生きてきて数十年、風邪をひいて医者にかかったことがない。


汗や発熱や鼻水など体から排出されるそれらは
体のなかで菌と闘い、毒を出していると何かで読んだ。
喜ばしい兆候であるらしい。
ゆえに薬の服用はめったにしない。


今日もハンカチ片手に落ちてくる鼻ポタと闘いながら、客人を迎える。
なんという憂いのある姿であろうか。


先日、安野光雅展を観て、気に入ったハガキと画集を求めた。
ほっこりするなぁ。
心底癒される。
ゆっくりページを繰ろう。






ついでに、わがやの6歳と3歳の祭りデビューを1枚。
本舗初公開!
新品のハッピは6歳には大きく、あわててママが袖を詰めていた。
前歯が生え変わる6歳は、口を開けるとオニの面のようになる
口元をぎゅっと結んでいるところがいじらしい。
昭和のころを彷彿とさせる立ち姿ではないか。