読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊んでいます♪

f:id:mursakisikibu:20140625155316j:plain

しなくてはいけないことがあるときに限って

他のことにうつつを抜かしたくなる・・・・

こんな経験はありませヌか?

いま、そのような気分^^

 

絵は、昨年の今ごろ描いた「モリ・ハナエ」デザインの浴衣。

20年ほど前の浴衣である。

娘に要るかぃ?と訊いても関心なさげ。

彼女とは、どーも好みが違い、母親の服などちっとも欲しがらない。

たまにフォーマルドレス着用のときにアクセサリーを借りに来る程度だ。

 

最近はパンツが多いわたしだが、たまにスカートも穿きたくなる。

服もめったに買わないタイボー生活ゆえ、昔の古いのを引っ張り出すことがある。

何度も、粗大ごみの運命にあったのを1,2枚紹介してみよう。

 

f:id:mursakisikibu:20140625160037j:plain

 

ろーん生地のアジサイ柄のスカートは、かれこれ10年以上も前のものだ。

デザインとスカート丈が、いまの時代に合っていない。

でも素材の贅沢さと、エレガントさが気に入っており

何度も粗大ゴミに行きかけたものを、寸でのところで思いとどまった。

久しぶりに着ると涼しくて軽くて、よろしい。

「いいのを着てますねぇ、いまこんな贅沢な生地の服売ってないですよ~」

目の肥えた知人が、褒めてくれる。

彼女も昔のコートやジャケットを着ていると声をかけられるらしい。

 

f:id:mursakisikibu:20140625160048j:plain

こんな柄です^^手触りもさらさらと気持ちがいい。

 

 

ベストの下のシャツも、「ろーん素材」である。

もう、着ないから捨てよう!と思っていたのだが

パンツなどとコーディネイトすると古さを感じない。

よれよれの帽子と組み合わせてもそん色ないか^^

 

f:id:mursakisikibu:20140625160104j:plain

 

 

紺地に白の水玉。

正確には「涙の形」の水玉もようだ。

トリイ・ユキのスリーピースのなかのインナーである。

丈も長いし、着ることあるかしらん?と

これも粗大ごみへの運命だったのを、待てよと思いとどまったもの。

なんとなく、やっぱりおしゃれだ。

先日、奈良へ行ったときにMさんが「カシニヨール」の

絵の雰囲気だぁとほめてくれた^^

 

f:id:mursakisikibu:20140625160118j:plain

はっか色の淡いグリーンのスカートも、古いけれど

こちらは、一度も捨てる気になったことはない。

好きな1枚である。

オーガンジーのベージュの帽子がエレガントで合う。

 

 

f:id:mursakisikibu:20140625160130j:plain

 綿素材に、手ししゅうを施した手作り風帽子。

大きなリボンが付いているが、取っている。

軽くて邪魔にならない、カジュアルだ。

 

ということで、今日は週一の娘んちの孫守がママの風邪でキャンセルになり

午前のオシゴトもキャンセルになり、押し入れの一掃セールのように

服を出して遊んでみた^^

まったくナニしてんだろうね。

皆さまは、愛着ある服などは、どーされているのかしら?