読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世にも美しいガンの治し方?

 

f:id:mursakisikibu:20140831214020j:plain

 

もし、あなたがガンにかかったら、どうするだろうか。

まずは精神的なショックが大きい。

セカンドオピニオンを取り、治療の選択をしなければならないが

治療や薬物などで、からだに負担をかけるなど肉体的、精神的、

そして経済的なことも含め、人生の一大事になる。

もちろん、仕事にも差しさわりが出てくるから、そのことも勘案しなければならない。

 

治療如何によって、その後の人生の質が大きく変化してくるのも事実である。

ガンには、だれしもなりたくない。

 

しかし、いまやガンは2人に1人はかかる病だと言われ、高齢になるほど

リスクは高くなる。

ガンは、早期発見、早期治療であれば、治癒率は高いと言われ

かつてのように不治の病のような恐れは薄れつつある。

 

それでもやっぱり、ガンは怖い。

先日もテレビを見ているとガンになった場合の治療の選択について

反対の立場をとっている二人の医師の対談?(ディベート)をやっており興味を抱いた。

 

一人は、「成人病の真実」の著者、近藤誠医師(慶応大学講師)で

病気になっても医者にかからない、薬を飲まないなどの提唱で有名だ。

彼の理論は、免疫学の権威、新潟大学大学院歯学部総合研究所教授「阿保徹」氏と

似ていて、医者を信用するな、薬を飲むな、など現代の

西洋医学に否定的な立場だ。

健康診断のウソもまやかしも、あり、決して数値を鵜呑みに

してはいけないなど、かなりはっきりしている。

阿保氏と同じ立場を取る石原結貴医師の著作も手元にある。

 

ガンに罹った場合の選択として、近藤医師は

手術や放射線などの治療に懐疑的であり、それらでガンは治らないと断じている。

一方、日本の名だたる大学病院で執刀する医師は、近藤医師の対極にあり

彼の理論を否定する。

どちらが、どうなのだろう・・・。

 

わたしは、どちらかというと、近藤医師の治療のありかたに共感する。

病気なるとき、ガンに罹ったら、医者に治してもらうのではなく

自らがそれまでの生き方を振り返り、生活習慣や食生活などを

見直し、自分で治す気概が必要だとの意見に賛成でもある。

 

もし、ガンにかかったら現代の西洋医学に依存しない治療を選ぶだろう。

むろん今、渦中にあるわけではないので、そのような決断は、危うく崩れるかもしれないし

家族の意見も出てくるだろうから、心もとないものだけれど・・・。

 

そんなときに関心ある記事に遭遇した。

世にも美しいガンの治し方 

ウソか本当かわからないが興味のある内容ではある。

からだの中に入った毒素を出すことこそ、治癒の一歩であるような記事である。

確かに、人間は口に入れるものには敏感でこだわるけれど

からだの外に排出することには無頓着なことが多い。

知らず知らずの内にからだの中に入った添加物や毒素をどのようにして

出すか・・・。

そのことがガン治癒の鍵にもなるのだろうか。

上記の記事を読まれてどう感じられただろうか。

 

とにかく自分のからだは、自分で守る。

もし、病を得たらその後の治療はどうするか?

ふだんから考えておきたいことではある。