読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筍と山椒

ごっつおう

f:id:mursakisikibu:20150511165841j:plain

今日の昼食。

 

知人が山で摘んだという山椒を持ってきてくれた。

市販のパックに入った山椒は知っているけれど

野生のそれは、初めてである。

何とも言えない自然の恵みともいうべき

かぐわしさを放っている。

棘もいっぱいついていて、葉をむしるときに慎重さを要するほどだ。

山椒は摘んで1週間ほど経つらしい。

それでも多少、水分がとれてクタッとなってはいたが十分

役目を果たしてくれているように感じた。

 

 

f:id:mursakisikibu:20150511170029j:plain

f:id:mursakisikibu:20150511170112j:plain

若竹煮も前日の残りものなので若布がクタッと・・・

 

f:id:mursakisikibu:20150511170150j:plain

 

筍を1本求めて筍づくしである。

筍ごはんに、若竹煮に、筑前煮のようなお煮しめである。

煮しめは、味をきついめにして煮込んだ。

見栄えはぱっとしないが、おいしかった。

脇役の山椒がりっぱに華を添えてくれた感がある。

自然の恵みに感謝である。

 

思えば、小さい頃から今の季節といえば

筍を掘ってきて、銘々の家庭でお惣菜のバラエティがあった。

自給自足のような食材の調達が出来ていたものだ。

カタカナ文字のおかずも少なくそれでも栄養失調にも?ならず・・・

欲をいえば筍の天婦羅が食べたい。

でも一度には、こちらも疲れるので適度に手を抜いた。

食べることは楽しい。

 

旬の自然の山椒をたっぷり食し、満足の昼食だった。