読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌わないでっ。

家族

f:id:mursakisikibu:20150623153314j:plain

 

チビたちのところへの子守奉公は相変わらず続いている。

ママは、バレーボールがよほど楽しいのか夕方になると

いそいそと支度を始め、出かける。

以前はそっと隠れるように、3歳にみつからないように

玄関を出ていたものだが、今ではニコニコと手を振りあっさりしたものだ。

意外にケンカもせず兄弟で遊んでいる。

 

こちらはベビーシッターの仕事の量も少なくなり、お風呂に

入れることも、むろん家事一切を手伝わなくなって久しい。

病気になる前は散らかった部屋を片付け、お風呂に入れてやり

激しいボール投げなども付き合っていたけれど、ママに止められているのか

3人は、何も無理を言わなくなった。

 

小学生2人の国語の音読を聞いてやり、時間割を確認したり

3歳が「絵本読んでぇ」と次々と引っ張り出して来ては

ばぁばの膝のなかにすっぽり入ってくる。

 

3歳の体重の重みがちょうどいい塩梅で、心地よい。

それぞれ、にぃにも、ねぇねも同じようにばぁばの膝のなかに

収まり、甘えてページをめくっていたものだ。

少しずつ彼らの面倒をみる度合いも少なくなっている。

 

8歳になったジュンペイもサッカークラブに夢中になり

身体に筋肉がついてがっつりしてきた。

相変わらず、門限ギリギリまで汗だくになり走り回っている。

 

小学1年になったかえでは、ランドセルが

歩いているような小柄ながら、チアダンスなるものを始め張り切っている。

彼女は舞台のような華やかさが好きで自己顕示性がたっぷりだ^^

 

彼らの就寝時間は、朝が早いこともあり9時前には寝かせるようにしていて

布団のなかに入るとコトンと眠りについている。

しかし、一番下のソウスケは、幼稚園から帰ってから

昼寝をしたりで、なかなか寝付けない。

暗闇のなかで、あっちごろん、こっちごろんと運動会さながらに

足をにぃにの顔に絡ませては寝苦しそうである。

 

そんなとき、特効薬の?シューベルトの子守歌を歌ってやる。

かつては、魔法にかかったみたいにす~っと寝てくれ助かったものだ。

先日も小さい声で、「♪眠れ~眠れ~~」と、いい気分でハモっていると

突然、3歳に「歌わないでっ」と言われてしまった。

あぃ、すみませヌ(^u^)

ばぁばの神通力は及びでないらしい。