読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクは天才。

ひとりごと

f:id:mursakisikibu:20160303092650j:plain

 

昨日は月に一度の健診日。

血液検査、MRIともに何も問題なしでホッとしている。

前回はカリウム過多で心配したが、毎日朝晩、飲んでいた

自家製「人参リンゴジュース」を1回だけにしたら問題解決。

「優秀ですね~」

「この調子でいきましょう~」

先生も数値をみてニコニコと結果を伝えてくれる。

この一言は、やっぱり励みになる。

 

珍しく、診察室で余談な話をして盛り上がった。

治療を受け始めて14か月。

入院中からわたしは、控えめな主治医に好感を持っている。

びっくりするような経歴と実績を持ちながら、謙虚さが見て取れる。

そんなところが好きだ。

心の平安も治療の一環につながる。

医師とのコミュニケーションは、心が和む。

病院へは車で高速を使っても片道40分ほどかかるけれど

つくづく、こちらの病院を選んで良かったと思う。

 

診察時間の関係で、娘の第3子を連れていくことがある。

本当は幼児をたくさんの菌があるかもしれない

病院に伴うことは避けたいのだが仕方がないこともある。

ソウスケは、持参した絵本などで機嫌よくママと待っていてくれる。

診察室に一緒に入っても、先生とはすっかり

顔なじみになり、帰り際に話しかけたりしている。

 

帰りの車のなかでも歌を歌ったり、なにやら切り絵の

ようなものを熱心に作っている。

「上手にできたねぇ~」というと

「だってソウスケは天シャイだもん」

「へえ~ソウスケは天才か?」

「幼稚園の小春ちゃんも、りんちゃんも天シャイやで」

まだ、さ行が言えないところがおもしろい。

「天才」という言葉も「執事」もいまどきのチビはわかっているようだ。

「執事は、メーメーのひつじさんのことを言っているの?」

「違う。いろいろお世話をしてくれるお仕事のこと」

へぇ~!

アニメなどの影響かしらん。噴き出してしまう。