読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌う道路♪と懐かしの草津のお湯

サークルなど

 

16日から18日まで関東で小さな旅を楽しんで来た。

バタバタと走りっぱなしの珍道中は、3人という少人数のせいか

温泉と山々のドライブも涼しく快適で、また親しみのある旅になった。

あいだの17日(土)は、横浜で開かれる作品展へ行くという暴挙?である。

作品展の模様はこちらをどうぞ。

 

 16日早朝の大阪・伊丹から羽田空港へ着くと、メンバーさんが

迎えに来てくれ、そのまま草津へと直行である。

ロングドライブの始まりだ。

道路も空いていて、子どものようにワクワクする。

メンバーはいつもの顔馴染みと初対面の人であるがすぐに仲良くなった。

 

f:id:mursakisikibu:20130819160611j:plain

飛行機の中から見た富士山。

 

 

草津温泉10数年前に友人たちと信州を訪れて以来だ。

群馬の街並みなどを見ていると当時の車での旅を思い出す。

女性ばかり10人ほど大型のワゴン車に乗り、温泉巡りをした。

途中で饅頭を買って食べながら、喫茶店に寄り珈琲を飲むと

必ずお茶うけにリンゴのおまけがついていた。

今もそうなのだろうか。

 

リンゴやナシやぶどうなどの産地でもあり、至るところに

果樹園と直売店があり、買いたいなぁという気持ちも動いたが

あまり荷物を増やしたくない一心で我慢した・・。

 

 メンバーとの語らいは「あ・うん」の呼吸でおもしろく

旅を一段と楽しくさせてくれる。

温泉に詳しいメンバーのひとりは、硫黄の匂いのする温泉が

好きだと言い、そちらを計画してくれた。

わたしたちも、異論のあろうはずがない。

お任せコースだ。

 

 羽田から往路330キロある・・・らしい。

草津の途中の有名な?温泉でしっかり湯に浸かり

翌日の展覧会会場への移動も考慮に入れ

夕方、高崎駅近くのホテルまで戻る。

朝から強硬スケジュールで、みな宿に着くとすぐさまパッタンキュー!

昼間たっぷりしゃべったので寝るのは早い。

 

f:id:mursakisikibu:20130820064443j:plain

 怪しいお天気のさなか、濃い山々をたっぷり愛で

ときどき車の窓を開けるとひんやりした風が入る。

何と言う贅沢なひとときだろう。

朝、蒸し暑い関西の地に居たことなど信じられないほどで

神様に感謝したい気分になる。

 

 みなでおしゃべりしながら、快適ドライブを楽しんでいると

冒頭の「歌う道路」の出没である。

噂には聞いていたけれど、スピードを落とし、耳を澄ますと聞こえる♪

「♪草津よいとこ、一度はおいでぇ どっこいしょ~ぉ♪」

トロンボーンのような音で間延びした曲が聞こえる!!

 

 ひゃぁ~~~何と楽しい♪

一同、笑ってしまった!

 

まったく、うまいこと考えたものである。

発案者に何か賞でも渡したいぐらいだ。

いまや地方では「ゆるきゃら」ブームで

ネーミングも形もバラエティに富んだものが多くそれはそれで

町お越しには充分貢献しているのだろうが

このような遊び心なども、面白いのではないか?

 

草津からの帰路、突然激しい雷雨に見舞われた。

空が真っ暗になり大粒の雨が視界を遮るほど打ちつける。

あちらこちらでカミナリの光が見え、轟いている。

不思議と怖さは感じなかった。

カミナリには車の中が安全だと聞いていたからだ。

雷雨が収まると、スカッとした青空が広がり

肌寒いほどの気温である。

 

この地域は、毎日のように雷雨があるそうで、蒸し暑い大阪に

少し分けて欲しいぐらいだ。

 

f:id:mursakisikibu:20130820064645j:plain

 笑いと癒しの一日を終えると翌朝、横浜の会場に10時ごろに入るよう

ホテルを出発。

しっかり一日を作品展会場で過ごすと、またもや夜は近くの箱根まで行く。

箱根は昨年サークルで訪れたばかりで、強羅や大湧谷が懐かしい。

 

横浜から1時間と少しで行けるから気楽なのと、

やはり緑がいっぱいなのは気分がいい。

下界の暑苦しさがウソのようである。

 

 3日間、群馬、横浜、箱根と山を駆け巡り

たっぷり新鮮な空気を吸い、元気はつらつと帰路についた。

 

作品展へ行くことが主なのに、小さな旅がメインのようになってしまったが

このようにあちこちと気軽に行ける処を企画して、案内してくれる

ネット友の存在をありがたく思う。

 

 本当にお世話になりました、みなさま。

いつか関西にもぜひ、いらしてくださいね。