読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだまだエライことに・・・

生き方・人

 

f:id:mursakisikibu:20140216095301j:plain

 

 

大阪の雪は、すっかり姿を消し、ビチャビチャ道路も普通になった。

雪は、たまに降るとロマンティックで、子どももネコも外を掛け回りたいほど

ワクワクするが、まだ雪の影響で雪かきの労働や、移動が出来ずに

大変な思いで生活をされている処がある。

他の方のブログなどで知り、気候の影響の大きさを思う。

雪かきなどで怪我や、お疲れが出ませんように、と祈るばかりだ。

 

足元もすっかり落ち着いた昨日、こちらは安心して外出。

午後から美容室に行き髪をすっきりカットし、ついでに眉も整えてもらった。

髪型と眉でずいぶん、顔が変わる!

少し若返った感がある(かなぁ・・?)

 

美容室から帰り服を脱ぎ、お茶を飲んでくつろいでいると

友人から映画の誘いが・・・

大阪駅に併設された「大阪ステーションシティ・シネマ」

エヴァの告白」をやっているという。

以前から観たいと思っていた映画だが、わが近辺ではやっていない。

大阪では唯一上映される処のようだ。

指定の上映時間には間に合う!

 

 f:id:mursakisikibu:20140216105715j:plain

画像は借りました。

 

慌てて脱いだ服をまた着て、電車に飛び乗った。

40分ほどで着くのだが大阪駅は寒い!

これだけ北との温度差はあるのかとお上りさんは感じた。

グランフロントや大阪駅周辺は、人でいっぱい!

若者やチビちゃんを連れたファミリー層であふれていた。

最近はこの騒音が耳に響くようになり、疲れを覚える。

 

映画は・・・

1921年、ポーランド人の姉妹が祖国の戦火を逃れアメリカへ来て、ニューヨーク湾のエリス島にある移民局で入国審査を受ける。その巨大な建物が牢獄のようで、不気味に重苦しく、姉のエヴァマリオン・コティヤール)と妹の運命の不吉さを予感させずにおかない。

 エヴァは審査の結果、病ゆえに隔離された妹と別れ、自身も強制送還されかけるが、見ず知らずの男ブルーノ(ホアキン・フェニックス)に助けられ入国を果たす。だが、彼は移民の女性を食い物にする人物だった。エヴァはニューヨークの下町の劇場でストリップに近いことをやらされ、転落の道を歩んでゆく。

 

映画評より・・・

 

ジェームズ・グレイ監督・脚本・製作による2013年のアメリカ映画だ。

病気の妹の治療費を得るために、生きるために娼婦に身を落とし

必死に生きるエヴァ

敬虔な信仰を持つ彼女がある日、教会を訪れ「エバァの告白」が始まる。

生きるために彼女が犯した罪とは? 

映画のなかに現れていないが移民船のなかではレイプされるなど

凄絶な体験をしたのだ。

告白のなかで次々と出てくる懺悔・・・

 

1921年という時代背景の厳しさ。

アメリカへの入国手続きで長い列をなす疲れ切った

暗い顔の人々の姿に、アウシュービッツ収容所を連想した。

何となく後味の悪い映画だったが最後に、騙してエヴァを娼婦に

落とさせた男との精神的なつながりが見えたことが救いだった。

 

映画を見終えると友人と映画の感想を語り合い食事をして別れた。

大阪駅で電車を待つ時の風の冷たさに、やっぱり2月なのだと

心底、感じた。

春はまだ遠い。

雪で生活に支障をきたされている方々の安穏を心から願う。

 

そういうわたしも、明日、あさってと富士山を観に行くバスツアーに参加する。

雪などで渋滞に陥らなければ・・と、ちょっと心配だ。