読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水芭蕉で遊んでみた。

パソコン絵画

f:id:mursakisikibu:20140423055844j:plain

 

このところ、あまり絵を描いていない。

描いていない、というより描けないという感じだ。

昨年は、初めての作品展を開催したところから、気合を入れて

毎日1枚!を目標にして描き、80%ぐらいの達成感はある。

粗製乱造にならないよう、とにかく描いた。

 

どんなふうに料理しよう!という瞬間のイメージが湧かないのと、

描いたもののアラが目立ち、落ち込むことが多くなったせいもある。

描いているときが楽しい!と感じなくなった。

ちょっと壁にぶち当たっている・・・。

 

パソコンで絵を描き始めて5年目に突入だ。

退職してこれほどの時間の経過があったのだと驚いている。

我流で描き始め、2年目ぐらいから全国的にパソコン絵画では名をなしている

Y先生主宰の「電彩アート」の会に入れていただき、毎月作品を送っている。

他の会員さんの作品も毎月、展示されるので、その方たちの

絵も観賞させていただきながら、評とともに、自らの学びとしている。

そして素晴らしい教材も使わせていただき、学んでいるところである。

 

しかし直接、ご指導をいただいているわけではないので、

常に試行錯誤の連続である。

周囲に同じように描いているひとがいないため、聞くということもなく

手探り状態だった・・・

 

思えば退職後から、毎日明けても暮れてもパソコンに向かい

好きな画家の模写やデッサンをしていた。

受験勉強のごとく、または、からだに覚えさせるがごとく同じ時間に

2時間ほどの修行を自らに課していた感がある。

 

Y先生からは「上達の早道は教えることよ!早く生徒を取りなさい」と

助言いただき、「電彩アートの認定講師」を取得する以前から

知人に声をかけ、同じようにパソコンで絵を描きたいひとと一緒に学んできた。

あっという間の4年間である。

 

今年も昨年と同じ時期に作品展を開催する。

会場も押さえた。

なのに、気の緩みか昨年のようなパワーが自分で感じられないのは

どうしたわけか。

 

最近は、また本を読むことに没頭している。

花たちを愛で気分転換を図っている。

戸外へ出よう!

 

描きたくないときは・・・・

描きたくなるまで待とう・・・