読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホでつながる違法就労

今、10代の少年少女がスマートフォンなどでつながり、

犯罪に巻き込まれるケースが相次いでおり

なかには傷害や殺人に至る深刻な事件も発生しているという。

ネットでつながった若者が仲間と共に違法な金融業や

風俗営業に就労している実態が明らかになってきたことを

NHK「クローズアップ現代」が昨夜、報じていた。

 

 

f:id:mursakisikibu:20130708064357j:plain

 

 

 

こうした違法就労のネットワークは、スマートフォンを通じて友達から

その友達へとつながり、ひそかに拡大しているようである。

番組では、なぜ少年少女が危ういネットワークにつながってしまうのか、

その背景にメスを入れていた。

 

 違法就労にハマってしまう年代は15,6歳ぐらいの中卒や

高校中退者が多く、学校や家庭や社会からはじき出された結果

居場所がなくなり、スマホなどからのつながりで、

「食べるために」夜の街で働くことになるのだという。

働こうにも学歴がないと相手にされないからだそうだ。

 

 年齢を偽り濃い化粧で日銭を稼ぐ、いたいけな少女たち。

どこぞの発展途上国を連想してしまう。

日本は、まだ他の国に比べると恵まれていていると思うのだが

少女たちは、それほど食べることにすら、ひっ迫しているのだろうか。

 

寂しさや現実からの逃避で、言い逃れをしているとしかわたしには思えない。

その少女たちを喰い物にするネットの組織もあるというから恐ろしい。

一度この世界に身を落とすと抜け出すのが容易ではないという。

仲間の裏切ることになり、リンチに遭ったりすることもあるのだそうだ。

 

 番組のなかではそうした危険な処に身を処してしまった少女たちを

「自己責任」と突き放すのではなく社会の問題として

捉えなければいけないと伝え、ワーキングプア

ハウジングプア(という言葉があるらしい)の犠牲に

なった少女たちをどうしたら救えるかと、問うていた。

 

 確かに、将来のある若い女性が簡単に大金を稼ぎ、分不相応のブランド物を

身につけ浪費し、ジャンクフードを食べ、その日暮らしのような生活を

している実態をみると暗澹たる気持ちになる。

この子たちの将来はどうなるのだろう、と憂える。

30代、40代になってもこのような生活を続けるつもりなのだろうか。

 

 なかには中学時代にいじめに遭い登校拒否し

昼間コンビニなどでアルバイトをして夜間の高校へ通っていたが

友達からの誘いで安易にその世界へと身を投げ出す少女もいた。

 

 何とか救いだす手立てはないものかと思う一方で

ネットが普及したいま、情報の洪水は避けられない。

玉石混交の情報は溺れるほど入ってくる。

 

かつて18歳未満には、入れないサイトもあったが今や

スマホなどから簡単に情報が入手でき、知らない人と即出会い

「シゴト」と称することに直結する。

そして一旦入り込んでしまうとその裏社会は表に出ない分

情報の収集や実態が掴みにくく、支援が難しいのだそうである。

 

 自己責任と言えばそう言えなくもないが・・・

このようなとき、この子たちの親は何をしているのだろうと思う。

実態を知っているのだろうか。

 

 番組の中ではなぜか、独り暮らしの少女が多く昼夜逆転の生活をしていた。

仮に親自身の生活が困窮していても、一緒に暮していれば

食べることだけは確保できるのではないか。

まだまだ未成年である。

 

なにか問題が起きると何でも政治や社会のせいにしたがる日本の風潮がある。

しかし、一番身近な家庭のなかに問題の根っこはありそうな気がする。

どんな時代でも、親は身を賭して子どもを守って来た。

精神的、経済的に子どもを守ってやれるのは親しかいない。

しっかり我が子を見つめ、叱咤しながら一人前の人間に

育てることが親の最大の責務だ。

 

就職支援などの社会資源を尽くし、きちんとした就労につけるよう

援助することも大切だが、世の親たちもかけがえのない我が子を

導いて欲しいと切に願う。