読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深夜の遊び。

 

f:id:mursakisikibu:20141205073011j:plain

この2,3日よく眠れている。

すっきりした目覚めで気持ちがいい。

先週わがやに外泊したとき以来だ。

 

あのときも、どういうわけかよく寝た。

寝具が温かったこともあるかもしれない。

5歳のかえでがひっきりなしにベッドのある部屋を

訪れてはばぁばの顔を覗っている。

やっぱり幼くても女の子は違うのだなぁ。

ちなみに、最近ぐっすり眠れていることの要因は病室に暖房が入ったこと。

うっかり切られていたらしいのだ。

寒いと眠れない・・・

 

ぐっすり寝るとからだのすみずみまで酸素が

行きわたった感があり気持ちがいい。

 

眠れないとき、枕元で安田姉妹のアルバムを繰り返し聴いた。

柔らかい絹で触られているような心地よさ。

故郷での幼ないころを思い出したりもした。

 

♪もしもしカメよ、カメさんよ♪の歌など、じっくり

耳を傾けるとぷっと吹き出すほど愛嬌がある。

世知に長けているのである。

歌のなかに人生を問うているような哲学さえある。

 

いまのアドリブいっぱいの子ども向けの音楽も悪くはないが

たまには、しっとりとこのような歌を家族で歌うのも

いいのではないか。

 

「サトウハチロウ」の詩や歌などと一緒で深い味わいと含蓄ある。

今度、チビたちに唄ってあげよう。

 

深夜の遊びの中では、初めて「NHKラジオ深夜便」を聴いてみた。

いつも早く寝る習慣のわたしには縁のない放送だ。

放送内容の素晴らしさは、聞いていたから関心はあった。

 

長寿番組であるらしい。

なんといってもその道のベテランアナが、よどみなく

静かに語りかける話し方がすばらしい。

ゆったりと、こころに届くのである。

 

懐かしい歌もいいけれど、わたしは年齢を経た

その人だけの生きざまに接することが好きだ。

朴訥と話されるひと言、ひとことにその人の

人生が凝縮されているいるように感じ、胸に響く。

スポットライトを浴びていなくても、十分その人らしさを

生き切っているように思え、拍手を送りたくなる。

 

思わぬことで、夜遊びならぬ「深夜の遊び」に触れたが

機会があったら聴いてみよう。