読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな春の訪れ

花など

f:id:mursakisikibu:20150119160836j:plain

 

ぽかぽか日が射す日中、近くを歩いてみた。

いつもの川べりは、からだの負担が大きいので

途中で折り返し短い散歩道を歩いた。

サクサクと靴裏にあたる感触が心地良い。

いつの間にか、スイートピーのような

小さなボケの花が開き、春の到来を告げている。

 

 

f:id:mursakisikibu:20150119160902j:plain

 

市の花、水仙

しゃっきとした葉っぱがたくましい生命力を発揮しているようで

こちらも気持ちが凛としてくる。

みどりがきれい。

しとやかに香る、ほのかな匂いも好きだ。

 

f:id:mursakisikibu:20150119160939j:plain

 

枯れ葉のなかで埋もれるように、それでも必死に

自己を主張しているサザンカ

椿と間違えられる花だけれど、じぃ~っとみていると

花びらのなんと、ふかふかでいじらしいこと。

飽きずに眺めていた。

 

f:id:mursakisikibu:20150119161014j:plain

 

立派なおいしそうな、キンカン

公の施設に植えられたものだから・・・

あと、どうなるのだろう?

要らぬ心配をしてしまう。

それにしても甘そうでおいしそうなキンカン

昨年は頂き物でいやというほど、キンカンジャムを作った。

今年はまだ縁がない^^

 

f:id:mursakisikibu:20150119161036j:plain

 

最後は、これまた立派な、みかん。

八朔なのだろうか。

鈴なりになっている。

虫食いでもなく、これからのみかんたちの

行く末を見届けたい気がする。

 

あと沈丁花が固い蕾を持っていたり。

小さな、小さな散策でしっかり春の訪れを感じてきた。

 

さてさて・・・

わたし自身の「春」は、果たして来るのだろうか。