読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葡萄酒を

f:id:mursakisikibu:20150120192946j:plain

 昨年の秋の絵画展で赤ワインをいただいていた。

絵画展終了と同時にベットの人となったから、手つかずであった。

お酒の類は正月の外泊時に息子のところで少しビールを飲んだぐらいだ。

 

友人が肴を携えわが家を訪れた。

退院祝いをしてくれるらしい。

いつものタイとイカだ。

ハマチも好きだがタイはさっぱりして飽きないのがいい。

イカの尻尾は塩焼きにした。

 

ようやく葡萄酒を口にする機会が訪れ

程よい渋さと甘味でこれまで呑んだなかで一番

美味しいように感じた。

もっとも、わたしはワインの何たるかもわかっておらず

魚には白、肉には赤ワインだという認識しかない。

それでも両方を食し同じお酒でいただいてもそん色ない。

友の心使いをうれしく思う。

 

f:id:mursakisikibu:20150120193235j:plain

 

相変わらず、変わり映えしないしない朝食だが

今の時期しかない「わさび菜」を入れるとぐっと季節感が出て来る。

なにしろ、この寒い時期しか出回っていないというのだ。

それに適度にぴりから感があり、口のなかにほのかに

わさびの香りが漂う。

いまだから味わえるサラダかもしれない。

 

適当にあり合わせの野菜を使った簡単サラダは重宝する。

塩と荒引きこしょうと、オリーブオイルだけの味付けだ。

 

 

f:id:mursakisikibu:20150120193416j:plain

 おまけ^^

 

トーストはピーマンと玉ねぎをスライスしたものを乗せて焼く。

何とも香ばしい匂いが食をそそる。

とろけるチーズを乗せるとなお、美味^^

 

f:id:mursakisikibu:20150120193318j:plain

 

 紅茶は、ティーメーカーを使って淹れた。

ちょっと手がかかる。

インスタントは手軽でいいけれど、物足りない。

手をかけて淹れた紅茶は渋みもなく、一度に何ばいでもお代り出来る。

イギリスのハロッズ(ダイアナの再婚相手の富豪が買い取ったデパート)製で

アールグレイ

自宅にいるとお茶ひとつでもゆっくり味わえ

ほのかなしあわせを感じる。

 

 

f:id:mursakisikibu:20150120193541j:plain

 

久しぶりのしゃぶしゃぶ。

「ごまだれ」を使っていて、これが今のお気に入りだ。

しかしどれだけ、がんばってもせいぜい1枚か、1枚半しか

食べられない。

重さにして100~150gぐらいかな。

だんだん量より質にシフトしているのがわかる。

肉の余ったのは翌日の昼食どき、すき焼き風煮にして食べた。

 

食欲は旺盛。

何とかの大食いとも世間様では言われている。

それなのに、あまり体重は増えない。

もっと増えてくれたらと願う。

どういうこっちゃぁと思う。

 

葡萄酒は香りも味もまろやかで顎に

あたるような渋さがないのが良かった。

タイも、コリコリと口あたり抜群。

イカの造りも新鮮だから甘い。

久しぶりに味わった下界の味。

ありがとう~~

いつもひと様に支えられていることに感謝している。