読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

果物のおいしい季節です。

暑さ寒さも、彼岸までというけれどまだまだ、 秋にはほど遠いように感じる日中の暑さだった。 特に我が家は西に振った南向きの建物なので今の時期が一番暑い。 エアコンをつけようかと迷う時期でもある。 それでも朝・晩のコオロギなどの合唱などにはしっか…

集団検診の効果のほどは・・・

「特定健康診査」とやらの通知が市から来ている。 無料、もしくは500円ほどの追加で、肺がんなどの 基本的な検診も受けられると、ある。 集団検診の是非について、わたしは懐疑的である。 熱心に受診したいとは思わない変わり者だ。 数値を鵜呑みにするな…

ひょうたんからコマ?

このところ、ずっと目が痛かった。 チカチカ、しょぼしょぼして、開けているのが辛い。 たぶん目の使い過ぎだろう。 午前の仕事を終え、昼食を食べると、ひとしきり、目をつぶり 昼寝をする習慣をつけている。 そしてなるべくパソコンからも離れようとしてい…

世にも美しいガンの治し方?

もし、あなたがガンにかかったら、どうするだろうか。 まずは精神的なショックが大きい。 セカンドオピニオンを取り、治療の選択をしなければならないが 治療や薬物などで、からだに負担をかけるなど肉体的、精神的、 そして経済的なことも含め、人生の一大…

少しでも発がんのリスクを減らしたい・・・

身の周りには、食品の添加物を始め、口や、身体に入れては いけないものが、あふれている。 最近は電磁波も懸念され、特に小さい子どもの脳に与える影響は大きく、 就寝時に枕元に置かないなど、親は心しなければならない。 送信線のある場所に住む住民の頭…

ああ~気持ちがいいな♪♪

蒸し暑い夕方、知人宅を訪れた。 日中の外出なんて道路の照り返しが恐ろしく、できない。 用があるときは、日が陰ったころを見計らって出かけることにしている。 知人も多忙なひとだ。 次の来客を控えていることを承知で訪問したから、 進めるのも断って、玄…

きれいな指先も・・・

友人が先日、ペディキュアを施し、指先の美しさが際立っていた。 「甥っ子の結婚式に招かれて、最近は、めったにしないのだけど、 娘がやってくれたのよ」と、まんざらでもない様子。 細長く整えられた爪に、サーモンピンクとピンクの可愛い花をあしらった …

「スイッチが入ったようなセミしぐれ」

今朝のよみうり時事川柳の句だ。 言い得ている。 まさにスイッチが入ったごとくの、大合唱が朝の5時ごろから始まっている。 2歳のソウスケが、耳に手を当て、珍しそうに「ぐぁ~ぐぁ言うてるぅ」と ばぁばに伝えたものだ。 セミの鳴き声は鈴虫などのように、…

自分で治す気概を!

久しぶりに、かつての職場の友と会った。 彼女は、まだ現役である。 現役と言っても、今は週に2回ほどのアルバイトの身分で 趣味の水彩を愉しみながら、充実していそうである。 イキイキとしている、と感じながら時どき、彼女が顔を 歪めるしぐさが、気にか…

「あなたの話し方、好きよ」

半年ぶりに友人と昼食を共にした。 友人と言ってもわたしより、ひとまわり年長である。 彼女とは昨秋開催した作品展を見に来てくれて、以来だ。 たまに会うと積もる話がどっさりあり、食べるよりおしゃべりが忙しい。 会話のなかで、彼女がこちらの言葉を度…

小さなリスクを減らそう

数か月のあいだ、ほったらかしにしていた「還元水機器」の カートリッジをようやく交換した。 年に一度の交換は面倒で、代金もバカにならない。 使わなければ使わないで、大したことないし、と タカをくくっていたけれど・・・ ブログ仲間 hatehei666 さんの…

コーヒーフレッシュにご用心!

挽きたての香り高い珈琲を飲む。 贅沢でしあわせなひと時だ。 わたし自身は、紅茶の方が多くなったけれど、たまに、 かぐわしい匂いに惹かれ珈琲を飲みたくなる。 亡き母や夫が好きだったインスタントコーヒーに 黒砂糖と生クリームを入れて甘い珈琲にして仏…

コンビニおでんの恐怖

あなたはコンビニのおでんを食べていませんか? コンビニおでんには見栄えを良くするために 添加物のリン酸塩や乳化剤がどっさり、練りものに加えられています。 それこそが病気のもとなのです。 「たけしの病気の医学」のフレーズを真似てみた。 笑いごとで…

玉ねぎの話し

薄切りにした玉ねぎは、わが家のサラダの筆頭株である。 季節を問わず、水菜やピーマン、レタス、セロリ、リンゴなどと 一緒に皿に盛り、オリーブ油と塩、粗引き胡椒だけで味を整える。 玉ねぎの淡い辛さとリンゴの甘味が調和され、ほどよい旨みになる。 毎…

イヤリングをしましょ♪♪

知人は、肩こりと目の疲れがひどいので「耳ツボマッサージ」なる処へ 行って来たようである。 初めての経験でドキドキしていると、耳を押さえたり、ひっぱるなどの 施術?が30分ほど続き、たいそう痛かったらしい。 「痛い~~」患者の悲鳴を聞くと施術者…

お弁当、昨今事情

地下鉄を上がると、そこにはコンビニがある。 通勤途上のビジネスマンたちは、女性も含め 吸い込まれるように、早朝のコンビニに流れていく。 そして目指すは、弁当売り場である。 ひと足でも早く着かないと希望の弁当にありつけない。 ずらりと並んだ弁当の…

こりゃぁ、何なのだ・・・

時々、ヘンな体験をする。 突然現れて、忽然と姿を消す。 まるで妖怪のようではないか。 日曜日に喉がイガイガして、少し咳が出始めた。 なんだろう、風邪か? 咳が続くとお腹に力が入り、食べたモノを戻しそうになり 気分が悪くなる。 咳は早めに抑えたい。…

睡眠8時間?!

パソコン絵画を始めて初期の作品(2010年) 子どものころから早寝早起きは、得意だった。 今の時代、夜更かしにはネットだ、スマホだと遊ぶものには 事欠かないが、昔のことだ、夜が更けると自然と瞼が落ちる。 しかも寝付きの早いこと・・・ ムダがない(笑) …

認知症800万人?

飽きもせず、毎日同じ朝食^^ 今年、厚生労働省の研究班は認知症高齢者が推定462万人、 予備軍を含めると800万人に上ると発表し、24日の「NHKスペシャル」では 「“助けて”と言えない 孤立する認知症高齢者」を報じていた。 番組によると、高齢者が3000万…

岩盤浴は楽し!

車で数十分ほどの距離にある大型の天然温泉スパがあり 最近、そこに行くのが楽しみになっている。 遠赤外線のサウナは、昔からスポーツジムなどにも併設されており プールのあとに部屋にこもったりしていた。 しかし、あの閉そく感が好きではなく、まるで我…

歯が気になる・・・

最近の日本人の歯ってきれいだなぁと思う。 特に若い世代の歯並びや白さは卓越しているように感じる。 アメリカなどでは歯並びなどで就活の可否が言われ、一生の生活を 揺るがすと言うから歯を日本人以上に大事にしている所以である。 歌手やタレントなど芸…

「私は薬に殺される」

医者から出された中性脂肪とコレステロールのせいで 2度と治らぬ体にされ、俺は今、死にかかっている。 元気で働くために、家族で幸せになるために そして長生きするために飲んだ薬のせいで――。 あなたの飲んでいる薬は大丈夫か? 俺を地獄へと叩き落とした…

切実な願望

先月、10年来の知人にある旅行で会ったことを記した。 そのときに言われた言葉が耳に残る。 ひっかかっているのだ。 「瘠せたねぇ・・」である。 「どこぞ悪いのか」とも言われる。 「瘠せたねぇ」は、「やつれたねぇ」の同義語とも感じていて 何となくいい…

甘いメロンにまつわる苦い思い出

あれは、まだ夫が生きていたころだ。 仕事を終え帰宅すると主夫業をやっている夫が 用意してくれた夕食を家族で囲み、ひと息ついたときだった。 ひと息と言っても数時間後だったような気もする。 突然猛烈な吐き気に襲われた。 そしてそれに続く強い腹痛と下…

またまた・・・悩む

朝6時を過ぎるとわが住居の中庭でも セミがジャンジャン鳴き始め、夏を実感する。 それでも朝の散歩では、微妙に草いきれや虫の鳴き声に 初秋の匂いを感じたりもする。 季節は人間の営みなど関係なしに巡っているのだ。 奈良・明日香の田園風景です。 先日…

熱中症対策

梅雨が明けると、とたんに夏の到来である。 日本の夏は湿度が高く、蒸し暑い。 暑さ真っ盛りの日中に、「熱中症」で病院に担ぎ込まれる人が少なくない。 なんと昨日は全国で2500人以上が倒れたという。 特に65歳以上の高齢者が多いというが この季節に…

やっと言えた!

毎日、今日は言おう、あしたは・・と 言いだせなかった「タバコの煙」のことをようやく、言えた。 昨日のことである。 以前ブログでも触れた「紫煙」のことに たくさんの方から素晴らしい知恵をいただき さてどのように何を実行しようか・・・思案していた。…

お爺さんと犬

80歳前後とおぼしき老齢の男性と犬との 散歩に、毎日出会う。 季節によって時間が、ずれて会わないこともあるが 概ね、似たような時間帯に双方は、歩いている。 お爺さんもワンちゃんも早起きのようである。 絵は、山田みち子先生のをお借りしました。 夏…

デトックス

一時、この言葉が大流行したことがある。 デトックスとは、体内の毒素を外に出すことをいう。 いまや普通に暮らしていても、まず空気や水と言った 自然環境や食物の汚染、また食品添加物などによって 有害ミネラルはからだにどんどん入ってくる。 人間のから…

やっぱりなぁ、ひどい・・・

子宮けいがんワクチンの是非については 拙ブログで、2回ほど記している。 2010年4月 2010年8月 そして懸念していたことが現実のものとなった。 安全ではない!ということだ。 子宮頸(けい)がん予防ワクチンの接種をきっかけに、 深刻な「副作用…

耳鳴り

それは突然始まった。 なんの前触れもなしに、である。 この奇怪で不快な「耳鳴り」を初めて経験した。 健康雑誌などで「耳鳴りでお困りの方へ」とか 「相談は・・」などの広告をみてどうして、それだけのことで 悩むのか、わからなかった。 「それだけのこ…

血管は履歴書

花は、アグロステンマ(散歩の途中見かけました) 今日のブログは前回の『これは羊頭狗肉?』の続編だが、内容としての継続はない。 市来正隆氏(JR仙台病院々長、昭和54年東北大卒・医博・30年余血管外科医)が 學士会報(2012-III)に寄せたものの転載である…

これは羊頭狗肉ではないか?

万博公園のバラ 高雄 血管が若がえれば 健康寿命はのびる。 糖尿病、高血圧、心臓病、脳卒中………。 最大の原因は、不健康な血管にあった。 血管を若がえらせ、老化と病気を予防するヒントが満載 石井光 (1260円) またまた新聞(4月28日付け日経朝刊2面下部)…

食べてはいけないもの!

桜が散ると新緑のまぶしい季節である。 あちらこちらへと自然を求めて出かけたくなる。 外で食べるお弁当は格別おいしい。 塩味をきかせ、昆布やオカカを入れた簡単おにぎりが好きだ。 保温水筒と柑橘などのフルーツがあると申し分ない。 わたしの定番のそれ…

猫背にご用心!

スナップ写真は気を許しているせいかヘンなのが多い。 特に後ろ姿はギョッとする。 数年前に知人たちと出かけた旅行のビデオを みなで観て、一様に驚いたのが背中の丸いことだ。 「え~っ、うっそぉ~」 中学生も顔負けの黄色い声を出しておののく。 気をつ…

ティタイム♪

昨日の暖かったこと、初夏を思わせる天気だった。 少し気温があがるだけで日中の散歩は汗ばみ 薄いコートが邪魔になるほどだ。 今日は、そうはいかないらしい。 春の天気と女ごころ・・・? コロコロとよく変わる。 それでも確実に春の訪れを感じてうれしい…

「長生きもたらす脳の役割」

過日の日経記事から・・・ 東京大学の石浦章一教授が書いた~最新遺伝学でわかった~ 「病気にならない人の習慣」によると・・・ 長寿のカギは遺伝子とともに脳の働きにあるという。 脳の働きも遺伝子に左右されるが、脳が健康であれば長生きできる。 脳の健…

体調にご用心

先週末、突然の胃の不快感で2日ほど伏せっていた。 今はすっかり回復し、いつもの食欲を取り戻し普通の食生活に戻った。 人間いつ不意打ちをくらうか、わからない。 先週の金曜日、孫の幼稚園の「音楽会」があり いつものようにウルウルと感涙し、娘のとこ…

おまけつき散歩

マンサクが咲き始めました、万博公園にて。 アル中(歩中)という言葉が流行っているそうである。 歩くことがおもしろく「体が歩くことを欲する」ことを言うらしい。 歩かずにはおれない、ということか。 最近は熟年や老年のウォーク姿を多く見かけるように…

健康の「カ・キ・ク・ケ・コ」

朝食の支度をしながらラジオのパーソナリティに 耳を傾けているとおもしろい話に出あった。 単純ではあるけれど、的を射ている! カ・・風邪引くな!(風邪は万病のもと) キ・・気に病むな!(明日を思い煩うな) ク・・食い意地を張るな!(これが一番難しいら…

過ぎたるは、及ばざるが如し

秋の長雨「秋雨で」ある。 霧のような細い雨が一日降り注ぎ、マンションの庭にようやく 咲きかけた「金木犀」が、散りはしないかと気を揉んでいる。 一気に秋らしさが増してきて、1週間ほど前に籐の敷物を収したばかりだというのに ホットカーペットでも出…

ああ〜またしても・・・

喉の調子がおかしい、イガイガしてきた。 鼻水もポタポタだ。 つい1か月前に同じ症状になったばかりだ。 原因は、わからぬ。 akiko 暴飲暴食なし、夜遊びなど昔の話し。 不摂生など縁のない、健全な暮らしだ。 ストレスもなし。(と、自分では思っている) …

アロマテラピーで

水曜日は、ささやかな、わが仕事からも離れている。 平日では唯一ゆっくりできる曜日だ。 朝から、ぼ〜っとしている。 数日まえに知ったネット社会での情報を反芻している。 まさに魑魅魍魎の世界。 小心者で世間知らずなわたしは、ただ只驚愕するばかりだ。…

思わせぶり

先日、所在無げにテレビを見ていると NHKの「ためしてがってん」をやっていた。 テーマは『ついに発見!顔のシワ 本当に作らない美肌術』という。 へ〜ぇ、それは興味津津とばかり、ソファにどっかり腰を据え しばし見入った。 しかし・・結果は「な〜ん…

風邪を引いた・・(−−〆)

医者も青くなるこの季節に、なんと風邪をひいてしまった。 喉が痛い。 でもいつものように、たいしたことではない。 鼻水が、ポタポタ落ちる程度で、熱もなければ食欲も普通。 何の不便も感じない。 けれど、やたら眠たい。 眠いのは、疲れのバロメータであ…

ぜったい死ねない!

予期せぬことの遭遇はあるものだ。 誰もが平安で健やかな一生を、と願う。 しかし、空から車が降ってくる時代である。 事故に巻き込まれ、命が失われるニュースもあとを絶たない。 心身のストレスからの突然死なども、珍しくなくなった。 前述の「自称・後期…

時代遅れと言われても・・・

『今後は、娘に制服を着ろなどとは、言えませんね』 橋下大阪市長の言である。 TVのニュースを見ようとオンにした際の映像だ。 「この人は何を言っているの?」 続きを見て合点がいった。 今週の「週刊文春」で、知事になる前の不倫を暴露された時の記者会…

化粧品選びは、生き方に通ずる

いまやTVのCMは、化粧品と健康食品が大勢を占め 執拗で熾烈な競争が繰り広げられている。 それだけ需要と関心があるということか。 肝心の効果は、どうなのだろう?と疑問視する。 化粧品については、シニアナビの相談室でも 「シニアの化粧品選び」で投…

薬漬けの子どもたち

どうして、その必要があるのか。 いったいどうして? 憤怒と悲しさを、抑えることができない。 子どもを「薬づけ」にしている現実を 過日、NHKの「クローズアップ現代」が報じていた。 背筋が凍る思いである。 小学校で、落ち着きのない子どもに 教師が、…

若気の至り

歳を重ねると後悔することが増える。 無駄使いや、子どもの躾や、生き方に対しても悔いが残る。 今さら悔いたところで何の得にもならないのだが どうして今ごろになって懺悔の気持ちが湧くのか。 「若さ」というのは、無謀と紙一重の感じを持つ。 美容室に行…